BLOG

new!【 酸性ストレート】とは??⑶

2021.8.29


 

 

こんにちは。 ethical  HOSOMI  です☆

 

 

 

今回は【 酸性ストレート】とは??



 

③【 酸性ストレート】のデメリット

 

について、お伝えいたします。

 

 

 

 

《 ガッチリストレートにはならない 》

 

 

 

【 酸性ストレート】は自然なやわらかい仕上がりになります。

 

 

なので、ピンピンのストレートにしたい・ボリュームを極力減らしたぺたんこのストレートにしたいなどという方には不向きです。

 

 

また、普通の[縮毛矯正]でも真っ直ぐにならないといったものすごくクセの強い方には物足りないかもしれません。

 

 

 

 

《 施術者の技術力に左右される》

 

 

薬剤自体のパワーが弱いので、工夫をしないとうまくかけられない場合もあります。

 

 

なので、

・伸びない

・アイロン操作で傷む

など、技術力により左右されやすい施術となります。

 

 

 

《 時間と料金がかかる》

 

 

酸性でじっくりと反応させていき、アイロンでしっかりと伸ばしていくので[縮毛矯正]よりも30分〜1時間ほど長くかかってしまう場合もあります。

 

 

 

また、薬剤自体も効果なものが多く、技術的にも難しい施術になるため、普通の[縮毛矯正]よりも料金が高くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

[縮毛矯正]は美容室でも1.2を争うほど強い薬剤です。

【 酸性ストレート】でも間違った使い方をすると傷めてしまう可能性もあります。

 

 

当店では、髪質やダメージレベルに合わせた薬剤・アイロン操作の使い分け、さらにご自宅でのデイリーケアもしていただくことでよりきれいな、ツヤのある髪の毛を作り出し、維持することができます☆

 

 

 

お客様のbefore・afterの写真です。

 



 

左側がbefore、右側がafterです。

 

 

 

 

 

#サンベイス#サンベイス代官山#エシカル#エシカル大塚#代官山美容院#代官山美容#大塚美容室#大塚美容院#代官山美容室求人#代官山美容院求人#大塚美容室求人#大塚美容院求人#ベルジュバンス#ベルジュバンス正規取扱店#コタ#COTA#タマリス#アローブ#復元ドライヤー#復元ドライヤー取扱店#ヘアケアニスト#再生美容#髪質改善#ツヤ髪#弱酸性縮毛矯正#弱酸性ストレート#ストレートパーマ#酸性ストレート

« ダメージレス酸性ストレート。癖を抑えながらハイトー... 【 酸性ストレート】とは??⑵ »

記事一覧へ

Page top