BLOG

【 酸性ストレート】とは??⑵

2021.8.28




こんにちは。 ethical  HOSOMI  です☆

 

 

 

 

【 酸性ストレート】とは??の、

 

②【 酸性ストレート】のメリット

 

 

を、お伝えいたします☆

 

 

 

 

まず、とりあえず、なんと、

 

 

 

 

《 ダメージがほとんどない!!!!》

 

 

 

髪の毛は通常、弱酸性で安定した状態になっています。

 

 

普通の縮毛矯正では、髪の毛に1剤のアルカリ剤をつけることにより[水素結合][イオン結合][シスチン結合]の3つの結合を切ることになります。

 

 

 

しかし、薬剤の力でキューティクルを急激に開いたり、開き過ぎたり、髪の毛を膨潤させることにより、ダメージを多く受けてしまいます。

 

 

 

 

【 酸性ストレート】では、髪の毛本来のpH[弱酸性]に近い賛成領域内の薬剤を使用します。

 

 

そうすることにより、キューティクルを少しずつゆっくりと開き、必要な結合だけを切ることで、ダメージをほとんど与えることなくストレートにすることが可能なのです。

 

 

 

[縮毛矯正]も【 酸性ストレート】も一度かけた部分は半永久的に効果が続きますが、[縮毛矯正]ではダメージが大きく、パサつきや乾燥によりストレートが取れたと感じることがあります。

 

 

 

しかし、【 酸性ストレート】はダメージをほとんど与えずに施術することにより、パサつきや乾燥に繋がりにくく、持ちが良く感じます☆

 

 

また、表面の凹凸が解消されなめらかになるので、きれいなツヤが出て髪質が良くなったのを感じます。

 

 

 

 

《自然なニュアンスややわらかさを出せる》

 

 

メリット2つ目は[縮毛矯正]では得られない自然なニュアンスややわらかさを出すことが可能なことです。

 

 

 

[縮毛矯正]では、不自然にシャキッとしすぎてしまったり、髪の毛が硬くなってしまったと感じる方もいると思います。

 

 

 

アルカリで膨潤してしまった髪の毛に、アイロン操作で無理やりプレスしてクセを伸ばすのが原因で、髪の毛が硬くなったり不自然になってしまいます。

 

 

 

 

酸性ストレートでは、髪の毛を膨潤させることがないので、髪の毛を無理やり伸ばすのではなく熱を当てる施術となり、自然なニュアンスややわらかい仕上がりにすることが可能です!

 

 

 

 

 

お客様のbefore・afterの写真です。

 


左側がbefore、右側がafterです。


今回はより自然に仕上げるため、薬剤の選定と塗布をこだわりました☆
 

 

 

 

 

次回、③【 酸性ストレート】のデメリット

を、お伝えいたします☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#サンベイス#サンベイス代官山#エシカル#エシカル大塚#代官山美容院#代官山美容#大塚美容室#大塚美容院#代官山美容室求人#代官山美容院求人#大塚美容室求人#大塚美容院求人#ベルジュバンス#ベルジュバンス正規取扱店#コタ#COTA#タマリス#アローブ#復元ドライヤー#復元ドライヤー取扱店#ヘアケアニスト#再生美容#髪質改善#ツヤ髪#弱酸性縮毛矯正#弱酸性ストレート#ストレートパーマ#酸性ストレート

« new!【 酸性ストレート】とは??⑶ 【 酸性ストレート】とは??⑴ »

記事一覧へ

Page top