BLOG

【 酸性ストレート 】のメリット・デメリット ☆ ④

2021.8.23





こんにちは。 ethical  HOSOMI  です☆

 

 

 

4回に分けてお伝えしている【 酸性ストレート 】のメリット・デメリットについて、

今回は④どんな髪質に向いているのか? を、お伝えいたします。

 

 

 

どんな髪質??とはやはり、ダメージした髪の毛には【 酸性ストレート 】がおすすめです!

 

 

なかでも"ブリーチ毛" "パーマ"をされている方、お家で"セルフカラー"をされている方も絶対に普通の縮毛矯正ではなく【 酸性ストレート 】が良いです!!!

 

 

 

 

 

"ブリーチ"はわかるけど"セルフカラー"も??と思われるかもしれませんが、"セルフカラー"の薬剤に含まれるアルカリは髪の毛の内部に残ってしまう非揮発性のアルカリが使われています。

 

 

 

そんなアルカリのカラー剤が残っている状態で上からアルカリの縮毛矯正を重ねると……

 

一定時間を超えたタイミングで一気に軟化が進み、髪の毛がジリジリになってしまう危険があります!!

 

 

 

 

なので、ハイダメージの髪の毛には【 酸性ストレート 】にしてください!!!

 

セルフカラーでなくても、カラーをしている髪の毛には基本的にアルカリは必要無いので酸性のものがおすすめです。

 

 

 

お客様のbefore・afterの写真です。


 

左側がbefore、右側がafterです。

 

自然なまとまりとツヤが出てとてもステキになりました☆

 

 

 

 

 

 

#サンベイス#サンベイス代官山#エシカル#エシカル大塚#代官山美容院#代官山美容#大塚美容室#大塚美容院#代官山美容室求人#代官山美容院求人#大塚美容室求人#大塚美容院求人#ベルジュバンス#ベルジュバンス正規取扱店#コタ#COTA#タマリス#アローブ#復元ドライヤー#復元ドライヤー取扱店#ヘアケアニスト#再生美容#髪質改善#ツヤ髪#弱酸性縮毛矯正#弱酸性ストレート#ストレートパーマ#酸性ストレート

« ダメージレス酸性ストレート。ブリーチ毛にも施術可能◎ 【 酸性ストレート 】のメリット・デメリット ☆ ③ »

記事一覧へ

Page top