BLOG

【 酸性ストレート 】のメリット・デメリット ☆ ③

2021.8.22






こんにちは。 ethical  HOSOMI  です☆

 

 

 

4回に分けてお伝えしている  【 酸性ストレート 】  について、

③普通の縮毛矯正との違いは?? を、お伝えいたします!

 

 

 

まず、ここで言う"普通の縮毛矯正"とはpHがアルカリ性のものとしてご説明いたします。

 

 

呼び方は様々ですが、【 酸性ストレート 】も縮毛矯正のひとつです。

 

 

 

大きな違いは、やはり pH の違い。

"酸性"か、"アルカリ性"かの違いです。

 

 

 

基本的にストレートや縮毛矯正は髪の毛の中の "シスチン結合" という強い結合を切り、真っ直ぐに繋ぎ直すことでクセを伸ばしていきます。

 

 

この時、アルカリ性の薬剤だと"イオン結合"という"シスチン結合"の次に強い結合もたくさん切ってしまいます。

 

 

 

 

 

これがダメージの原因であったり、髪の毛がシャキッとピンピンになる原因です。

 

 

この"イオン結合"とは弱酸性で安定する結合です。

 

なので、【 酸性ストレート 】では"イオン結合"にはあまり作用せず、"シスチン結合"だけを効率的に切り、髪の毛のクセを伸ばすことができます。

 

 

 

 

 

【 酸性ストレート 】の場合はアルカリ性での縮毛矯正よりも薬剤での軟化が弱いです。

 

 

そのため、アイロン操作での熱処理によってしっかりクセを伸ばしていきます。

 

 

お客様に撮らせていただいたbefore・afterの写真です。

 


左側がbefore、右側がafterの写真です。

 

 




乾かしただけでこのツヤとまとまりなので、確実に朝が楽になります☆

 

 

 

 

 

 

次回、④どんな髪質に向いているのか??

を、お伝え致します☆

 

 

 

 

 

 

 

#サンベイス#サンベイス代官山#エシカル#エシカル大塚#代官山美容院#代官山美容#大塚美容室#大塚美容院#代官山美容室求人#代官山美容院求人#大塚美容室求人#大塚美容院求人#ベルジュバンス#ベルジュバンス正規取扱店#コタ#COTA#タマリス#アローブ#復元ドライヤー#復元ドライヤー取扱店#ヘアケアニスト#再生美容#髪質改善#ツヤ髪#弱酸性縮毛矯正#弱酸性ストレート#ストレートパーマ#酸性ストレート

« 【 酸性ストレート 】のメリット・デメリット ☆ ④ 【 酸性ストレート 】のメリット・デメリット ☆ ② »

記事一覧へ

Page top